確実に妊娠回避したいならアフターピルよりもIUD

アフターピルは、避妊に失敗してしまったときやあらかじめ避妊をせずにセックスを行った場合に72時間以内に服用することで妊娠を回避できる緊急避妊薬です。

アフターピルを服用後、消退出血と呼ばれる出血が見られれば妊娠しなくて済んだことになりますが、3週間経過しても出血がない場合にはすでに妊娠しているかもしれませんので、婦人科に受診するのが良いでしょう。

アフターピルは高い確率で妊娠しなくても済むといえますが、アフターピルがあるから避妊しないでセックスを使用という考えはあまり好ましくないといえます。

最近は改良されたこともあり副作用が少なくなってきましたが、アフターピルは体内に女性ホルモンを大量に投与することで言わば人工的に出血させて妊娠をしないようにするため、体に負担がかかることは否めません。

一度や二度なら問題ないとしても、何回もアフターピルの服用を繰り返すことでホルモンバランスが乱れたり生理周期が安定しないなどの不自由さが出てくることが考えられます。

コンドームやピルを使用せず確実に避妊したいのであれば、IUDがおすすめです。

IUDは、体内に挿入するタイプの避妊具であり、婦人科で医師によって挿入してもらい自分では外すことができませんがほぼ100%に近い確率で避妊ができます。

IUDを挿入後に妊娠したい場合には外すだけで妊娠することが可能になるので体にかかる負担は少なくて済むといえます。

ただ、半永久的なものではなく定期的に婦人科で検診を行い、数年後には取り外す必要がありますがコンドームやアフターピルよりも負担がかからず確実に避妊ができるといえます。

また避妊失敗してしまいそうな人やコンドームなしでセックスをしたい場合にはIUDの挿入をおすすめします。