ブライダル前に受胎をしては困るならアフターピルを

結婚の約束をしたのであれば、妊娠をしてしまってもそれほど困るようなものではありません。
もちろん、経済的な事情もありますから計画的に妊娠を考える必要はありますが、絶対に妊娠をしてはいけないカップルとは違いますからできてしまった時にはその時はその時の成行きでなんとかなるものです。
そのため、結婚を約束した中となると性行為をするときにも避妊を疎かにしてしまいがちですが、ブライダルの時にお腹の出た状態で式をあげることは避けたいと思うのであれば避妊をせずに性行為をしてしまった場合、アフターピルを服用することによって受胎を防ぐことができます。

アフターピルは緊急避妊薬と呼ばれるもので、性行為の後に行うことが出来る避妊の方法のひとつとなっています。
性行為後72時間以内に服用をすることで、受胎を防ぐことができるため望まぬ妊娠を避けることができます。
注意が必要な点としては緊急避妊薬の名前からも分かる通り、避妊に失敗をしてしまった時に服用をする薬であるため最初からアフターピルありきの性行為をしてはいけません。
人体に負担のかかる薬であるため、継続して使用をするようなことを考慮されたものではありませんからつい避妊をせずに性行為をしてしまったという時には仕方ありませんが、アフターピルがあるからといって避妊をしないで性行為をするのは避けなければならないのです。
アフターピルはあくまでも非常用の手段のひとつですから、結婚の約束をしていると言ってもブライダルに合わせて妊娠をしては困るというのであれば他の方法を用いてしっかりと避妊をするようにしましょう。
アフターピルはそれでも失敗してしまった時の、お守りのようなものなのです。