アフターピル服用後の月経とリスクについて

異性との性行為をするにあたって気をつけなければいけないことが避妊です。
一般的にはコンドームを用いて避妊をしますが、避妊を忘れてしまったり誤ってコンドームが破れてしまったなど、避妊に失敗してしまった場合にアフターピルを服用することで妊娠を避けることができます。
アフターピルは、性行為後72時間以内に服用しなければならなく、1回目の服用からさらに12時間後に2回目の服用を必要とします。
主に緊急の避妊方法とされていて、望まない妊娠を避けるための最終手段とされています。
しかし、100%確実に避妊ができるというわけではないので気をつけましょう。
アフターピルは性行為後の早い段階で服用するほど、効果があります。
ホルモンバランスを急激に変化させることで効果を発揮する仕組みで、排卵を抑制したり受精を妨げることで避妊をします。
注意すべき点は、受精卵が子宮に着床してしまった後にアフターピルを服用しても効果がないことです。
子宮に受精卵が着床するのを防ぐことで、約80%以上の確率で避妊をすることができます。
避妊ができたかの確認方法は、アフターピル服用後3日から3週間ほどの間に出血が確認できれば避妊の成功となります。
出血の量は生理程度の量とされています。
そしてアフターピルを服用した際の月経についてです。
排卵期や排卵前に服用した場合、生理が月に2回来ることもあります。
またアフターピルを服用する際に1番気をつけなければならないことが、喫煙です。
ピルには血液を固まらせやすくする作用があるため、血栓が発生しやすくなるために心臓や循環器系に影響をもたらす可能性があります。
高血圧の方や喫煙者がピルを服用したことで死亡した例もあります。
ピルの服用を考えている方は、服用した際のリスクをしっかりと理解しておくことが大切です。