アフターピルの基礎を知れば違和感は無くなります

アフターピルに違和感を感じるのは基礎知識が抜けているからです。アフターピルは性行為時に避妊に失敗した場合に、女性ホルモンを急速に増やし、子宮口に入り込んだ精子が着床する前に子宮外に排出させる錠剤です。医薬品ではなく強制的に生理を発生させるホルモン剤ですので副作用といって生理痛と同じようなものです。ホルモン剤ですからむしろ女性ホルモンが活性化され生理周期が安定化したり肌が若返るという効能があります。アフターピルに違和感があるのは女性にアフターピルに対する基礎知識が抜けているからです。正しく服用すれば女性にとってこの上無い味方になる錠剤です。医薬品だと誤解していてアフターピルの使用を躊躇する女性がほとんどなのですが医薬品というよりは健康食品だと思ってもらえればいいと思います。女性は男性と違い、性行為をした時に妊娠のリスクがあるものです。男性はいくら性行為をしてもリスクはありませんが、女性だけ妊娠のリスクがあるのは不公平と感じる女性も少なくはありません。その場の雰囲気でそういう関係になっても、リスクがあるのは女性だけです。アフターピルを常備していれば、女性も不安から解消されます。性行為後72時間に服用すれば避妊に成功する確率は高くなります。72時間ですから、性行為後落ち着いて考える時間は十分にありますし、対処も十分に可能な時間です。望まない妊娠ほど女性の人生にとってメンタル的に不幸なことはありません。仕事にもプライベートにも人生設計が狂ってきてしまいます。女性も安心して性行為が出来ないと不公平なものです。男性だけがリスクが無いという不公平な部分を解消してくれるのがアフターピルなのです。