アフターピルがあれば避妊しなくてもいいのか?

妊娠を望まないでセックスをする場合には、避妊をする必要があります。
セックスをする前の準備としての避妊方法としては、コンドームや低用量ピルが一般的ですが、ついコンドームがなくて避妊せずにセックスをしてしまった、コンドームを使用したけれど、行為の最中に破損してしまった、ピルを飲み忘れた、など避妊できなくて不安になることもあります。なかには、レイプなど犯罪によって、望まぬ性行為をする場合もあります。
そのような場合に使うと効果がある避妊方法がアフターピルです。
このアフターピルは、セックスをしてから72時間以内に飲むことによって、排卵を遅らせることができたり、受精卵が着床をするのを防ぐことができます。
日本においては、2種類のアフターピルが処方されています。
ひとつはプラノバールで、セックスをしてから3日以内に2錠ずつ、2回にわたって服用をします。
もうひとつは、ノルレボとよばれるもので、正式に承認された薬です。プラノバールよりも、吐き気などによる副作用が少なく、また血栓症などの副作用もおこりにくいとされています。これは2錠を一回服用するだけでよいので、プラノバールよりも飲みやすいといわれています。
これらのアフターピルは、どちらも避妊の成功率は100パーセントではありません。また、セックスをしてから72時間以内というタイムリミットもあります。セックスをしてから、服用するまでの時間が短ければ短いほど、高い効果があります。
つまり、アフターピルを飲めばよいからといって、あらかじめ避妊をしないのはとても危険です。中絶よりは、お金も体も負担がありませんが、副作用や処方してもらう手間もあるので、きちんと避妊をするべきでしょう。